首都圏内9信金での災害時等における相互支援に関する協定の締結について

2016年09月01日

朝日信用金庫は、東京都・埼玉県・神奈川県に本店を置く9つの信用金庫との間で「災害時等相互支援に関する協定書」を締結しました。

本協定は、参加信用金庫の営業基盤において災害等が発生した場合に、被災した金庫からの要請に基づき、金融機能の維持並びに早期業務復旧を目的とした各種の相互支援を円滑に実施するためのものです。


当金庫は本協定に基づき、災害等発生時にも近隣都県のみなさまの生活や経済活動を支えるインフラとして、金融サービスをご利用いただける体制を強化してまいります。


■協定信用金庫(9信金)

 朝日信用金庫、東京東信用金庫、西武信用金庫、城南信用金庫、埼玉縣信用金庫、

 青木信用金庫、横浜信用金庫、湘南信用金庫、川崎信用金庫


■協定の概要

(1)名 称 災害時等相互支援に関する協定書
(2)目 的 9信用金庫は勘定系システムが互いに独立し、かつ地理的に近隣に分散する特性を活かし、広域な大規模災害等の発生時に被災した金融機関に対する金融機能の維持並びに早期業務復旧を目的とした各種相互支援を円滑に実施するため
(3)内 容 〈相互支援〉
 ・物資等の提供および斡旋、運搬等
 ・人員の派遣
 ・お客さまへの対応支援

〈平時の連携〉
 ・相互支援に必要な情報の共有による対策強化
 ・情報交換による災害訓練等の対応力強化
 ・連絡体制の整備、維持